パラスポーツ

ここでは、カルッツかわさきで出来る様々なパラスポーツを紹介します。
障がい者だけでなく、誰でも楽しめるスポーツもたくさんあるので是非挑戦してみてください。

●車いすアメリカンフットボール
 ●車いすバスケットボール
 ●ボッチャ



車いすアメリカンフットボール
アメリカンフットボールの要素を取り入れた車椅子スポーツ。
電動車いすなどでも参加が出来、誰もが参加できるユニバーサルスポーツです。
車いすアメリカンフットボールの魅力を日本車いすアメリカンフットボール協会の代表理事である
糸賀さんが語ってくれています。
車いすアメリカンフットボールの最新情報は協会のFacebookページ


川崎市はアメリカンフットボールを活用した魅力作りを行っています。
川崎市アメリカンフットボール協会の応援コメントをご覧ください。
川崎市アメリカンフットボール協会のHPはこちら
車いすバスケットボール
車いすに乗った選手たちが5人対5人で行うバスケットボール。
ルールは一般のバスケットボールとほぼ同じで10分4ピリオドで行います。
ゴールの高さも一般のバスケットボールと同じ高さ(3.05m)です。
詳しいルールはこちらから

車いすバスケットボールの魅力について
川崎市を拠点とする車椅子バスケットボールチーム「川崎WSC(Wheelchair Sports Club)の本多選手が
語ってくれています。
川崎WSCの近況は川崎WSCのFacebookページで!!
ボッチャ
ボッチヤは最初に投げた白のボール(ジャックボール)に、赤・青のボールをどれだけ近づける事が出来るかを競うゲームです。
個人戦・ペア戦・チーム戦などがあり、1984年のパラリンピックから正式種目になりました。
簡単なボッチヤのルールはこちらから

HEAT-UP大谷選手がボッチヤに挑戦しました。